お問合せについて

弊社では、真贋の鑑定サービスはおこなっておりません。鑑定依頼の電話が多く、大変迷惑しております。悪質な場合は法的手段に訴える場合もございます。

バルマンの本物と偽物の違い

バルマンは中国で人気があるため、コピー品が多く作られています。バイカーデニムなど定番で人気のものには多いです。

逆に人気の無いモデルの方が、精巧な偽物が作られることが少ないです。偽物業者もコストが合わないので、時間をかけて作らないのでしょう。

以下、本物と偽物の違いを説明します。

ジップで見分ける(Lampo刻印)

ジップがあるタイプは見分けが簡単です。Lampoの刻印で見てみましょう。本物の方が線が鋭いです。特にLの字と、その下のラインで見ると細さの違いが分かります。



紙タグで見分ける

紙タグで見分けられる場合もあります。本物の場合、裏面に型番が印刷されたシールが貼られています。この型番シールが貼られていない場合、偽物の可能性があります。

また、偽物の紙タグの場合、BALMAINの文字がきちんと印刷されていない場合があります。下の写真の赤丸の部分です。


ブランドラベルで見分ける(糸の光沢)

微妙で分かりにくいですが、BALMANの刺繍糸に違いがあります。本物の方が、光沢がある糸を使っています。(写真では判別できませんが)


ブランドラベルで見分ける(乱雑な縫製)

偽物は縫製が乱雑な場合が多いです。下記はラベルの縫製が、裏側まで続いて縫い込まれてしまっている例です。

本物であれば、ラベルの縫製は四つ角できちんと止まっているのですが・・・。



バイカーデニムは、ジャバラ部分で見分ける

ジャバラ部分のステッチで見分けられる場合があります。本物は、凹凸がわりと規則的ですが、偽物はややルーズな印象があります。


ジャバラ部分裏地のステッチで見分ける

ジャバラ部分裏地のステッチで見分けられる場合があります。本物は、WWWといった具合に規則性のあるステッチが入りますが、偽物はそのステッチがない場合があります。


買取のお問合せはこちら

弊社では、ブルーベルジャパン、リステア、伊勢丹などのタグが付いたもの、または信頼のおけるショップで購入したことが証明できる場合のみ買取致します。

弊社では、真贋の鑑定サービスはおこなっておりません。鑑定依頼の電話が多く、大変迷惑しております。悪質な場合は法的手段に訴える場合もございます。